EMAを使った短期トレード戦略

EMAを使った短期トレード戦略

こんにちは。

今日は僕がやっているド短期トレードを紹介したいと思いいます。
使うのは3分足、5分足が多いです。

僕が表示させているのは
200EMA
25EMA
9EMA
を表示しています。
ちょこっとだけ設定値をいじっています。

これは通貨や商品ごとに特性を見て調整するのがよろしいかと思います。
僕は見れる指標が多いBTCトレードが大好きなので、今回はBTC用の設定値になります。
為替や先物を触る人は、それぞれ調整してみください。

基本的な戦略として、それぞれのEMAの上にいるときはロングで押し目買い立ち回り、下にいるときは戻り売りで利確はその時の価格変動幅によって調整しつつ引いてあるチャネルやラインに当たったら利確します。
損切りは200EMAをした抜いた時(ロングのとき)、上抜いた時(ショートの時)オーバーシュートするときもあるので、ある程度は200EMA EMAとの距離を取った位置にストップラインを置いておきます。
この時ラインまでの距離や、チャネル上限下限での距離を見て置き、リスクリワードを計算しておくと自分のポジションの期待値も出せます。

ラインやチャネルについての注意点は僕は基本的には反発すると考えていますが、奇数回の3回目、5回目はブレイクするイメージがあります。ライン、チャネルの下限上限近辺はブレイクしたい人、反発すると考える人のエントリーが入り乱れるエリアなので、これも板を読むか、大口の約定履歴を確認しながらブレイクしそうかなーとみていますが、大体半玉利確を入れて残した半分で利益を伸ばしていくイメージです。 この時に必ずストップ利確設定、トレール設定を行って、最低利益を確定させましょう。

また、チャネルやトレンドラインは角度が急なほど崩れやすく、その後反発ラインになりやすい。
時間足が長いトレンドライン、チャネルライン、EMAほど反発しやすい。特性があります。

補助ツールとして様々なつーるもありますので、次回以降紹介していきたいと思います。
ではでは~。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。