投資の種類を探求しよう。~FX~

投資の種類を探求しよう。~FX~

FXとは。

FXはForeign Exchangeの略語で、たとえば海外旅行でアメリカに旅行した際、日本円を米ドルに両替するように、ある国の通貨を別の国の通貨に交換することを指します。日本でFXは「外国為替証拠金取引」と呼ばれ、取引額の一部に相当する証拠金を預けることで、「外国為替」の取引を行えるようになります。つまり少額で大きな金額の取引が可能となり、この機能を「レバレッジ効果」と称します。
また、FXは金融商品取引法によって諸規則が設けられた金融商品であり、金融庁による厳しい審査を通過し登録を受けた業者でなければ、FXサービスを提供することはできません。

FXの仕組みとは。

FXの仕組みは、世界の国々の通貨を交換するという点は、上述した海外旅行の例と同様です。外貨両替を行い、為替レートが期待していた方向に変動したタイミングで再び両替すれば、「為替差益」という利益を獲得できます。
FX取引では外貨を売買し差益を得ることを狙う目的で通貨を交換しており、この外貨の売り買いの価格差を狙った取引を「差金決済」と称します。

先程の海外旅行の例を掘り下げると、出発時に交換した外貨を再び両替して円に戻す際、帰国後に円安が進行していれば、為替レートが変動した分だけ多くの日本円が戻り、逆に円高が進行していれば、為替レートが変動した分だけ戻ってくる日本円は少なくなります。

同様に、為替レートの変動に伴って利益が得られます。たとえば1ドル100円の為替レートで100万円を10,000ドルに交換し、1ドル110円に為替相場が変動した時点で日本円に戻したケースで考えてみましょう。

この状況は、米ドルに対して日本円の価値が10円下がった、つまり円安が進行したことを意味しています。そのタイミングで日本円に戻せば、10,000ドルに代わっ110万円を受け取ることができます。つまり、為替レートがドル高・円安に動いた結果、10万円の「為替差益」が発生したわけです。

これがFX取引における為替差益が発生する仕組みとなります。
このようにFXは必ず2カ国の通貨をセットとして扱います。「米ドルと日本円」や「ユーロと日本円」などです。この2カ国の通貨の組合せを「通貨ペア」と称します。

FXによって得られる利益とは。

FXで得られる利益は2種類あります。一つは「為替差益」です。「キャピタルゲイン」とも称されます。
前述の通り、為替レートが安いときに買い、高いときに売ると差額分の利益が得られます。
もう一つは「スワップ収益」です。「インカムゲイン」とも称されます。スワップ収益は金利のようなもので、低金利の国の通貨を売り、高金利の国の通貨を買うことで獲得できます。

このスワップ収益に関しては、たとえば、高金利として知られる国にトルコがあります。低金利の日本円を売ってトルコリラを買うと、それだけで2カ国の金利差分が収益になります。為替レートが上がるか下がるかは関係がありません。高金利通貨を保有しているだけで、日々、貯金の金利のようにスワップ収益が発生するのです。
ただし、高金利の国の通貨を売って、低金利の国の通貨を買った場合には、日々スワップポイントの支払いが発生するため注意が必要です。さらに獲得できるスワップポイントも、証券会社によって変動します。

FXの最大の魅力!レバレッジとは。

レバレッジは、少額で大きな金額の取引ができるFX最大の特徴、魅力となります。

たとえば、1ドル100円のときに10000ドルに日本円を両替しようとすると、本来は100万円が必要です。しかしFX取引ではレバレッジによって、25分の1の金額から取引が可能となります。したがって、10000ドルを買うのに40,000円から取引が可能となります。

つまり、100万円の資金では250,000ドルを購入することができるので、為替差益やスワップポイントが発生した時の収益はその分大きくなります。レバレッジ効果がなく、尚且つ手数料も高い外貨預金と比較すると、はるかに資金効率が格段に上がる形で投資することができます。

FXの魅力に関してまとめると、
①手持ちの資金より大きい金額の取引ができる
②為替相場が上昇/下降のどちらでも利益を狙える
③海外の高金利を享受できる
④取引コストが圧倒的に安い
というようになります。

FXのリスクをしっかりと理解しよう!

FXの魅力に関してはご紹介しましたが、その魅力だけを見て口座開設し取引を始めると、必ずと言っていいほど失敗してしまいます。取引を始める前に、FXのリスクに関して精通しておきましょう。

FXはレバレッジ効果で少ない資金で大きな利益を狙うことができますが、リスクもあり、判断を誤るとロスカットにより預けた資金を失ったり大きな損失を出したりするおそれがあるので注意が必要です。しかし、投資資金に対してレバレッジをかけすぎず、大きなポジションを持たないことで損失を未然に防ぐことが可能です。

まずFXでは、要人発言や社会的な大きなニュースによって取引する通貨ペアのレートが急激に変動するリスクがあります。また取引する通貨国の政策金利が急激に上昇したり低下したりすることでスワップポイントにも大きく影響するリスクもあります。思惑と反対方向に相場が動いたときに、損失を最小限にとどめるために損切りを徹底することが必須となります。

米ドル/円のような通貨ペアは経済大国の通貨同士のため、世界中で取引者が多く存在し、売り手と買い手の不在により取引が成立しなくなることは無いに等しいと考えられます。しかし、経済力が弱く国内情勢が安定していないような国の通貨は、売り手、買い手がいなくなり流動性が著しく低下し、成立しづらくなるリスクもあります。
そうした事態を想定し、最初は先進国、なおかつ流動性や国内情勢を鑑みて安定した通貨ペアでの取引が理想と言えるでしょう。

常に変動している為替レートは、ビッグニュースや大口取引者の注文状況など様々な要因により、瞬間的に急変動することがあります。そのようなときに成行注文をすると、画面に提示されていたレートとは異なる不利なレートで取引が成立してしまうことがあります。このように、注文時に指定したレートと実際に約定したレートとの間に生じる差をスリッページと言います。このリスクに関しては対策として、注文を出す際に、価格変動の許容限度幅を予め設定することでスリッページリスクを軽減させることができます。

オンラインでの取引となるため、インフラが危機に瀕した場合は直接影響を被るリスクがあります。利用するパソコンやスマートフォンなどの機器や通信の状態により取引画面へアクセスできなかったり、取引会社のシステム障害によって取引ができなくなるリスクがあります。

魅力的なFXですが、リスクも当然付随していることを忘れずに取引しましょう。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。