ダウ理論について理解しよう。

ダウ理論について理解しよう。

FXに留まらない相場分析の礎、ダウ理論。

ダウ理論とは、19世紀の終わりにチャールズ・ダウが提唱した相場理論です。古典的な理論と捉われがちですが、全てのテクニカル分析の基礎として現在も多くの投資家に支持されています。
ダウ理論は「6つの基本原則」から構成されており、それらを理解することで株式や仮想通貨、FXなどあらゆる相場を分析するための基本的な考え方として身につけることが出来ます。
ダウ理論は、6つの基本原則で構成されており、そちらを一つ一つ見ていくこととしましょう。

基本原則①  ~ 株価(平均株価)は全ての事象を織り込む ~

1つ目の基本原則は「価格 (平均株価)は全ての事象を織り込む」です。

例えば株価は、企業の業績や経済状況などのファンダメンタルズ的な要因や、投資家による利確や損切りなどの影響を受けています。毎日株価が変動するのは、これらの情報が値動きに影響を与えていることに起因します。
裏を返せば、全ての情報は値動きに反映されることを意味しています。

つまり株価が今後上がるか下がるかを予想するには、価格 (平均株価)の値動きだけを見ればいいということになります。この基本原則は「チャート分析が投資において非常に重要である」という、テクニカル分析の理論的な根拠になります。

基本原則② ~トレンドには3種類ある~

2つ目の基本原則は「トレンドには3種類ある」です。

全体的な視点に目を向けた際に、右上がりになっていると捉えられるような、大きな目線で見たトレンドを「主要トレンド」と言います。主要トレンドの目安としてはだいたい1年~数年規模のトレンドを指します。
この主要トレンドから、3段階にわたって期間を狭めたトレンドが2つ存在します。
以下の3種類のサイクルでトレンドは形成されています。

主要トレンド:1年~数年のサイクル
二次トレンド:3週間~3ヶ月のサイクル
小トレンド :3週間未満のサイクル

この「主要トレンドがどちらの方向を向いているか」を判断する事は、トレードをする上で非常に大きな要素となります。主要トレンドが上向きであれば、それよりスパンの短い、二次トレンドや小トレンドは上昇する数の方が多くなります。
要するに、主要トレンドの方向性に従えば、二次トレンドと小トレンドをベースにトレードする際の、勝率は上昇します。チャート分析を行う際は、大きい枠組みである主要トレンドから順番に分析していくことで、大きな方向性が外れにくくなるので、必然的にトレードの勝率も上昇するというわけです。
まとめとして、必ず主要トレンドや二次トレンドを把握した上で、小トレンドや更に小さい時間足で取引することが、勝率UPに不可欠となります。

基本原則③ ~主要トレンドは3つの段階から形成される~

3つ目の基本原則は、「主要トレンドは3つの段階から形成される」です。

トレンドには3つの段階が存在しています。
第一段階 先行期
第二段階 追随期
第三段階 利食い期
です。これらは投資家の心理を明確に示しています。それぞれ順に説明していきます。

まず先行期 (第一段階)は、一部の投資家が買い集めをする段階です。一般的に大口の投資家などが底値で買い玉を集めていくため緩やかに価格が上昇します。
ほとんどの小口投資家は、この段階ではトレンドが読めないため行動を起こしにくい状態です。

次に、追随期 (第二段階)は、先行期 (第一段階)での緩やかなトレンドに反応した投資家が買いを入れ、市場全体がその動きに追随し価格が大きく上昇します。

そして最後に、利食い期 (第三段階)は、トレンドの最終段階です。価格上昇をとらえた素人や初心者の一般投資家も参入し、さらに価格が上昇します。

一方で先行期 (第一段階)に買い集めをしていた投資家が利食いを行い、売り抜けを図ります。さらに追随期(第二段階)に買った投資家の利確も加わることで、やがて上昇トレンドが終了します。
利食い期 (第三段階)で買ってしまった投資家は高値掴みをすることになり、大きな損失を出してしまうことがあるため、テクニカル分析を駆使して追随期 (第二段階)でトレンドに乗ることを目指すとよいでしょう。

基本原則④ ~価格は相互に確認されることが不可欠である~

4つ目の基本原則は、「価格は相互に確認されることが不可欠である」です。

株式市場でいえば、例えば 工業平均株価と鉄道平均株価のトレンドには相関関係がみられるはずだということです。工業関連の景気が好調であれば、それに関連する工業製品を運ぶ鉄道関連の景気も良くなることが予想されるからです。

同様に、為替レートでも相関性のある市場の動向をチェックすることもトレンドをとらえる際に役立ちます。

基本原則⑤ ~トレンドは出来高でも確認されなければならない~

5つ目の基本原則は「トレンドは出来高でも確認されなければならない」です。

これは本格的なトレンドが発生する際には出来高も大きくなるというものです。逆に出来高が伴わない上昇 (下落)はダマしの可能性が高く、本格的なトレンドとは言えません。

また出来高を伴った上昇 (下降)トレンドで、次第に出来高が減少している場合にはトレンドの終了を示していることが多く、トレンドの転換を捉えるのに役立ちます。

基本原則⑥ ~トレンドは明確な転換シグナルが出るまでで継続する~

6つ目の基本原則は「トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する」です。

この基本原則は6つの基本原則の中でも最もトレードに応用しやすいものです。

上昇トレンドでは高値・安値を切り上げながら上昇し、下降トレンドでは高値・安値を切り下げながら下落していきます。ダウ理論では、このように高値・安値の切り上げ (切り下げ)が続いている状況では上昇 (下降)トレンドが継続していると判断します。

下図の場合、高値2と高値3、安値2と安値3と共に価格を切り上げて上昇トレンドが形成されています。しかし高値4を試しに行った際に高値切り上げに失敗しています。ダウ理論ではこの段階で上昇トレンドが終了したと判断します。

その後、安値4で安値3を抜けて下落し、高値・安値を共に切り下げたことによって下降トレンドが形成されています。逆の場合も同様に考えます。

安値切り下げに失敗した場合は、先ほどと同様に、その段階で下降トレンドが終了したと判断します。そして高値・安値を共に切り上げたことによって再び上昇トレンドが形成されています。

ダウ理論をFX取引に応用してみよう!

ダウ理論を応用し、実際に取引でエントリーするタイミングはどのポイントなのでしょうか。

基本原則⑥の図を見ると、上昇トレンドが高値4で高値3を更新できなかったため、上昇トレンドが終了したと判断します。高値4から安値3の下抜けをした段階で、下降トレンドが発生したと判断し、売りでエントリーします。

ここで注意が必要です。実際には、安値3がサポートラインとなり反発することも考えられるので、明確に安値のポイントを切り下げてからエントリーすることを心がけましょう。
無事に安値2を下抜け下降トレンドが形成されたら、下降トレンド終了の動きを見せた際に利確をします。

安値2を下抜けたのに再び強い上昇をみせ、高値4を上抜けして上昇トレンドに戻る場合も考えられます。
そのような戻りを見せた場合には安値3から高値4の間に損切を行い、損失を最低限に抑えましょう。

このようにダウ理論を用いたトレンドの転換を狙ったトレードは勝率の高いトレードですが、自分の想定したシナリオと異なる場合にはきちんと損切を行うことが重要です。想定外の事態に備え、あくまで損失は、最低限に抑えることが大切です!

ダウ理論の注意点とは!

ダウ理論は現代までテクニカル分析の基本として多くの投資家に支持されてきました。そのため、大勢の人がダウ理論を取引に応用しています。この大勢の人が理解しているダウ理論だけでトレードに勝ち続けるのはほぼ不可能です。

前述したとおり、注意点の1つ目は、ダウ理論を多くの人が知っている点です。
トレードで勝っている人の裏には、当然どこかで負けている人が必ず存在します。このような奪い合い、ダマしあいのゲームの中で、ほとんどの人が知っているダウ理論だけに頼ったトレードをしていては、逆の仕掛けをされて損失をしてしまうことが多くなります。

注意点の2つ目は、ダウ理論は後付けでも機能することです。
チャートを後からみて分析するとダウ理論がキレイに成立していることはありますが、実際にはリアルタイムで動き続けているチャートを見てトレードをしなければいけません。トレード中に引いた高値と安値を結ぶ線も、後から見ると引き直されていることが多いです。実際のトレードで完璧な線を引くことはほぼ不可能であるという点です。

ダウ理論だけではトレードで勝ち続けることはできません。しかしながら、ダウ理論を知らない人はトレードで勝つことはできません。奪い合い、ダマしあいというゲームの中で、ほとんどの人が知っている理論を知らなければ戦うこともできないでしょう。

理論と実践は異なりますが、理論なくして実践はありません。ダウ理論を理解したうえで自分なりの手法や相場観を養っていくことが大切です。ファンダメンタルの1つとしてFX取引を行う際は、ダウ理論をしっかりと頭の片隅に入れておきましょう。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。