FXに関する豆知識! ~ドルストレート、クロスレートとは~

FXに関する豆知識! ~ドルストレート、クロスレートとは~

FXにおけるドルストレート、クロスレートとは。

FXに関するニュースや記事などを見ていると、「ドルストレート」という言葉を耳にすることがあるのではないでしょうか。このドルストレートとは、簡単に言えば、米ドルを含む通貨ペアの総称です。
このルールに従うと、ユーロや円を含む通貨ペアはユーロストレートや円ストレートと言われるはずですが、そのような使い方はされません。

外国為替市場では、基軸通貨となる米ドルを含む場合だけ、ドルストレートと慣習で読んでいます。
なぜそのような呼び方をするのでしょうか。その理由はレートの算出方法にあります。

基本的に世界の貿易取引は基軸通貨の米ドルを介して行われます。国際決済銀行の通貨ペア別の取引シェアなどをチェックしても、このドルストレートのペアが取引のほとんどを占めています。
このため、外国為替市場では、最初に米ドルと各通貨に対するレートが生成されます。

これに対し、ユーロと円の取引、ユーロ円の取引をする場合のレートはユーロドルのレートにドル円のレートを掛けて算出しています。つまり、米ドルを含む通貨ペアは計算しなくてもあるレートなので、ストレートと呼ばれるのに対し、米ドルを含まない通貨ペアは計算しなくてはならないレートという意味でクロスレートなどと呼ばれています。

ちなみに、FX用語でユーロ円やポンド円、豪ドル円などを総称してクロス円と呼んでいるのもここからきています。

イメージが付きやすいように、図に表しました。ドルストレートはストレートにレートが決まりますが、円やユーロはドルを介在してレートが決まっています。ドルをクロスして決定するイメージです。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。