バタ〇さんから読み解く黄金数をトレードに活用する(フィボナッチ

バタ〇さんから読み解く黄金数をトレードに活用する(フィボナッチ

こんにちは!Every Burgerです。

今回は人間が美しいと感じる黄金数≒フィボナッチをトレードに活かそう!がテーマです!
後半パートで真面目にトレードへの活用方法を載せてますので、バタ〇さんの話なんて興味ない!って人はゴリスクロールしてください笑!!

2011年ごろに流行ったこの画像。
既にタイトルにも貼っていますが、バタ〇さんがあ〇ぱんまんの顔を投げる時のフォーム。
黄金数で構成されていて美しいです。両腕のバランス。神です。作画した人が美しいと感じたから自然とこのフォームになったんですね。言い換えれば違和感がない。自然。
もしこの作画をフィボナッチ狙ってやってたら神です。

他に日本人が自然と美しいと感じてしまうものの代表例

九州!!

九州もフィボナッチでできていたんですね(笑!
見つけた人は天才です!

もっと有名な代表例があるよね?!

そうです!
中学校の何かで習った
パルテノン神殿!!!!

人間が美しいと感じてしまう黄金比1:1.618

虫、花、貝、葉、木など自然の中にあるものの多くが1:1.618で構成されています。

ひまわりの種の数もフィボナッチ!

人間も脊椎の数や器官の数はフィボナッチ数列で構成されています。
フィボナッチを詳しく知りたい人は検索してね!
小数点の美しさに取り込まれたらメッセ下さい笑笑

◆ここからは黄金数をトレードに生かす話

ここからはフィボナッチ(黄金数をトレードに生かそう!の巻きです。
真面目パートです。

使うのはフィボナッチリトレースメント
チャートは上がったり下がったり、波の動きで構成されています。
トレードを行っていく中で、永遠のテーマでもあるどの辺りで反発するんだろう?
この永遠のテーマを導く補助ツールとして黄金数使ってみちゃう?というところから始まったのがフィボナッチリトレースメントです。

人間が美しいと思うチャート。
多くの人が無意識下でこの辺で反転すると美しいチャートになると感じてしまう箇所は?
この解を導き出したい。
黄金数使ってみたらだいたい38.2%、61.8%で反発してるぞ!となり多くの人が使い始めました。

使い方は
高値から安値で引く。
安値から高値で引く。
のどちらかです。

※注意点
どこからどこまで引くかが人によって違うこと。
多くの人に意識されていない箇所同士を繋げてしまうと全く無意味になってしまう。
一定の目安になるだけ。過信はしない。
フィボナッチが水平線、VPVR、移動平均線、チャネルの下限上限に重なるところが反発しやすい傾向にあります。
そこで前回の記事でも書きましたが、フィボナッチの近辺に価格が迫ってきたら大口の約定履歴をみながらトレードすることでトレードの確度が上がっていくと考えます。

参考例

だいたい61.8%で反発していますね!

代表的な数値として、38.2%、50%、61.8%が特に意識される傾向があります。
78.6%も上記の数字ほどではありませんが、反発の起点になることがあります。

前回の記事でも上げさせていただいた天才達はフィボナッチを引かずとも、だいたいこの辺で反発しそうなどをローソク足の動きから読み取ります。
最終的にローソク足が確定するまでに至った過程は確定した足からは読み取れません。
天才たちはその時のローソク足が構成される動きから読み取ります。

凡人には出来ないので、○らえもーん。
どこからフィボナッチを引けば良いかわからないよー!!便利な道具をだしてよー!

しょうがないなー。○び太くん。

Auto fib retracement 〜!!

先の記事にも書きましたが、天才達に追いつきたい!
そんな熱心な方がいらっしゃるんです。

はい。フィボナッチ。自動で描画してくれます。
mt4, mt5, トレーディングビュー

インジゲーターのところから追加しましょう。

直近の最安値、最高値を自動で結んでくれます。

相場は行き過ぎること(オーバーシュート)が往々にしてあるので、618から786に指値を散らして置いたり、約定履歴、板を見ながら618と786の間で成り行き注文をしてみたりしてみるのが良いかもしれません。

こんなにフィボナッチ愛を語ったのですが、筆者はあんまり使いません!
暴落したときの戻り売り警戒ポイントの参考にしたり、ATH(最高値更新)をしたときにどこまで伸びるかの(1.272,1.414, 1.618)の目安にしたりしています。

頭と尻尾はくれてやれ!
ではでは!

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。