トレードノートをつける

トレードノートをつける

こんにちは。

Every Burgerです。

今回はトレードノートをつける。

これ意外とみんなやってないんですよね。
約定履歴あるやん!とかよく言われるんですけど、振り返ってみたときに
・何故我々はエントリーしたのか
・どういうターゲットと目標を設定したのか
・どうして利食ったのか
・どうして損切りしたのか
・反省点の記載:もっとこうしていれば・・・・。早くに利食ってしまい利益を伸ばせなかったとしたら、なぜ自分がそういう判断をしてしまったのかを記載する。損切りをこの位置でと決めていたのにずるずるしてしまい結果大きく損切りすることになってしまった等
・いくらの利益が出たのか
・いくらの損失が出たのか

自分が経験したことを振り返るようにしておく。
相場で同じ形は2度来ませんが、似たような形はよく来ます。

記録を取ることで自分がどんな時に勝っているかを分析することができ、自分の得意な形がわかってきます。

無駄なエントリーを避けることができるように、自分の得意な形で勝負できるまで待つことができるようになります。

自分の得意な形で常にトレードができるようになれば、結果はついてきます。
目先の一回の結果よりも損切りも含めた自身のトレード戦略を完遂出来たかということに最初は重きを置いてみてください。
その先には勝率の高いところで以外勝負することの意味のなさを自分のトレードノートがあなた自身に教えてくれます。
大多数の人がトレードノートをつけるということをしません。というかつけなくても結果なんか出るといった感じでなめてるのかもしれません。しかし、相場に真摯に向き合わなかった人から退場をしていきます。

自分の失敗から学び同じ失敗を繰り返さないように努力・改善を怠らなければ必ず結果はついてきます。

PS.筆者はビビッてエントリーでできなかったこと、あえてえんとりーしなかった理由等もトレードノートに書いています。
その時のインジゲーターや板の雰囲気なども書いておくと次回のトレードに活かせますしね。

ではでは。

「売るべし 買うべし 休むべし」

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。