投資の種類を探求しよう。~投資信託~

投資の種類を探求しよう。~投資信託~

投資信託とは。

「投資信託(ファンド)」とは、投資家から集めたお金を一つの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品であり、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品のことを指します。
つまり、販売・運用・資産の保管などの業務を行う、それぞれ専門の機関が役割を果たすことで成り立つ金融商品です。「集めた資金をどのような対象に投資するか」は、投資信託ごとの運用方針に基づき専門家が行います。

投資信託の運用成績は株式投資の長期保有をする際と同様に外部環境などによって変動します。
投資信託の購入後に、投資信託の運用がうまくいって利益が得られることもあれば、運用がうまくいかず投資した額を下回って、損をすることもあります。このように、投資信託の運用によって生じた損益は、それぞれの投資額に応じてすべて投資家に帰属します。この点から投資信託のリスクは、元本が保証されている金融商品ではないことであり、銀行の預貯金との相違点となります。

投資信託の仕組み。

投資信託は「投資信託運用会社」で作られ、主に証券会社、銀行、郵便局などの「販売会社」を通じて販売され、多くの投資家からお金を集めます。投資家から集めたお金は一つにまとめられ、資産管理を専門とする、「信託銀行」に保管してもらいます。
運用会社は、集めたお金をどこにどうやって投資するのか考え、その投資の実行を、お金を管理している信託銀行に指図します。このことを運用指図といい、運用会社がその権限を持っています。そして、信託銀行は運用会社の指図を受けて、株や債券の売買を行います。

投資信託の役割。

投資信託は、いくつかの会社や銀行によって役割分割がされています。
・販売会社(証券会社、銀行など) の役割
投資家ごとの口座を管理し、投資信託の販売や換金、分配金・償還金の支払いなどを行います。また、投資家が資産運用を行う際の質問に答えたり、相談に応じたりします。
いわば、投資家と投資信託をつなぐ「窓口」だと言えるでしょう。

・投資信託運用会社の役割
投資信託を作り、投資家から集めた資金(信託財産)を運用します。
運用会社では、経済・金融情勢などに関するさまざまなデータを収集・分析し、専門家がノウハウを駆使しながら、信託財産をどの資産にどうやって投資するのかを考え、信託銀行に対して運用を指図します。投資信託を作り・運用する運用会社は、投資信託において最も重要な役割を果たしているといえるでしょう。

・信託銀行の役割
投資家から集めた資産を大切に保管・管理します。
信託銀行は運用会社からの運用の指図に従って、株式や債券などの売買や管理を行います。また信託銀行では、投資家から集めた信託財産を自社の財産とは区別して保管・管理(分別管理)していて、いわば投資信託の金庫番のような役割を果たしていると言えるでしょう。

メリットについて考えてみた。

投資信託には大きく4つのメリットが浮き彫りとなりました。

メリット1: 少ない金額から購入可能。
通常、株式投資や債券投資には、ある程度まとまった資金が必要になります。しかし、投資信託であれば1万円程度から手軽に始めることが可能です。

メリット2: 株式や債券などに分散投資が可能。
投資の基本は、資産をいくつかの商品に分けてリスクを分散させる「分散投資」。個人の投資家が、自分だけで分散投資しようとすると、多くの資金が必要となりますが、投資信託は小口のお金を集めてひとつの大きな資金として運用するので、さまざまな資産に分散投資し、リスクを軽減することが可能になります。投資信託は、このような分散投資の考え方から生まれた金融商品です。

メリット3: 専門家により運用が行われる。
株式や債券などの投資に必要な知識や手法を、個人で身につけるのはなかなか大変なものです。投資信託は、経済・金融などに関する知識を身につけた専門家が、投資家に代わって運用を行います。
また、個人では買えない・買いにくい海外の株式や債券、特殊な金融商品への投資も可能です。

メリット4: 高い透明性がある。
原則として毎日、取引価格である基準価額が公表されており、資産価値や値動きが分かりやすい金融商品です。また、決算ごとに監査法人などによる監査を受けているため、透明性も高いと言えるでしょう。

投資信託のリスクについて考えよう。

投資信託は、販売会社・運用会社・信託銀行といった各機関がそれぞれの役割を果たすことで、成り立つ金融商品ですが、仮に各機関が破綻するような事態に陥ってしまったら、投資信託はどうなるのでしょうか。
投資信託は、仕組み上、仮に投資信託にたずさわる各機関が破綻したとしても、投資家が預けたお金は、投資額にかかわらず制度的に守られます。

仮に販売会社が破綻した場合は、投資信託の取引をする際に窓口の役割が危うくなります。販売会社は、投資家とお金のやりとりを行いますが、お金は販売会社を経由して、信託銀行が信託財産として管理しています。つまり、販売会社が破綻したとしても、信託財産に影響はありません。保有していた投資信託は、別の販売会社に移管され、移管先の販売会社で引き続き取引することが可能です。

仮に運用会社が破綻した場合は、運用指図を行う役割が危うくなります。ですが運用会社は、信託財産の保管や管理は行っておらず、運用会社が破綻したとしても、信託財産は運用会社とは別の、信託銀行に保管されているので、信託財産に直接的な影響はありません。運用していた投資信託は、他の運用会社に運用が引き継がれるか、繰上償還される流れになります。

最後に、仮に信託銀行が破綻した場合は、投資信託の信託財産を管理する立場が危うくなります。信託財産は信託銀行自身の財産とは区分して管理することが法律で義務づけられており、信託銀行が破綻したとしても、信託財産に影響はありません。投資信託は、破綻時の基準価額で解約されるか、もしくは他の信託銀行に信託財産が移管されれば、投資家はそのまま投資信託を保有することができます。

このように投資信託は、制度上、各機関が破綻したとしても、投資家の信託財産は保全される仕組みになっています。ですが制度や法律によって保全されてることと、投資信託が運用の末に、損失が発生するリスクのある元本保証のない金融商品であることは忘れてはなりません。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。